スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獅子ヶ岳に登った

寒くなって蛭もいなくなりまさに登山シーズンですね。
なので、今日の朝3時から獅子ヶ岳に登りに行きました。
家から自転車に乗って登山道まで行きました。
朝の3時に家を出て、4時頃に林道麻加江小萩線の小萩側に着きました。
そこから、12キロぐらい街灯一つない山道をひたすら登っていきましたw
月が満月に近かったのでまだ路面はよく見えた方だけど、まさに一寸先は闇といった道でした。
めっちゃ怖かったですよw
道中で鹿を20匹位見ましたwww
そして、日の出の森というところに5時45分位に着きました。
本当は小萩側から登るつもりだったけど、通り過ぎてしまったので、日の出の森から登りましたwww
※日の出の森から登るなら、林道麻加江小萩線は麻加江側から登って行ったほうが近いです。
DSC00034s.jpg
日の出の森の駐車場からの写真です。
夜景がきれいでした。
特に明るいところは松阪や津の方面だと思います。
伊勢湾も写っています。
DSC00048s.jpg
ご来光です。
6時43分くらいだったと思います。
本当は獅子ヶ岳の山頂から写真を撮りたかったけど、山頂には時間的に間に合いそうになかったので、道中の榊ヶ岳というところの木々の隙間から撮影しました。
すごく綺麗でした。
DSC00065s.jpg
DSC00070s.jpg
DSC00074s.jpg
獅子ヶ岳山頂への道は日の出の森ルートだと、榊ヶ岳を越えて、ずっと下って行って、そのあとに獅子ヶ岳に登っていくというコースです。
まぁ俺がこんなことを書いてそれを参考にする(参考にする人はいないと思うが)よりも、道中に設置されている案内板を見たほうがいいと思います。
そして、山頂近くにある大岩盤(獅子岩)に行きました。
DSC00089s.jpg
DSC00091s.jpg
DSC00093s.jpg
岩場からの眺めです。
素晴らしい景色でした。
風も強く、気持ちのいい場所でした。
DSC00120s.jpg
ついでに大岩盤はこんなところです。
大岩盤の位置を示す看板に「度会の宝」と書かれてありましたが、まさにその通りだと思いました。
ここから山頂まではすぐです。
DSC00104s.jpg
山頂です。
登頂時刻は7時51分です。
標高は733.3mです。
DSC00105s.jpg
山頂からの景色も素晴らしかったです。

獅子ヶ岳は度会という交通が少し不便なところにあり、訪れるのは大変かもしれませんが、素晴らしい山だと思うので皆さんも是非訪れてみてください。

それと最後に…
テスト期間中に何やっているんだ俺w


スポンサーサイト

朝熊山に登った part3

part2の続きです。

写真が少し残念ですが、ここから経ヶ峯と八大竜王に行きます。
この場所は金剛證寺の本堂から山頂展望台のほうに行けばすぐに着きます。

朝熊山経塚群です。
夜に行ったら怖そうwww

八大竜王です。

八大竜王の近くに山頂があります。
近くには電波塔?が立っています。
あと、書き忘れていましたが、朝熊山の正式名称は朝熊ヶ岳です。
 
ここから下山して、内宮に行きました。

内宮に行くのは元旦以来です。
相変わらず人が多いです。
「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」とありますが、ほとんどの人が片参りなんだろうな…

来年の式年遷宮に向けて工事をしています。
式年遷宮楽しみだな。
しかし来年は受験だ…
あと、本殿の写真は載せません。
本当は紹介したかったけど、写真が手ブレしていた…
 
 
 
朝熊山は伊勢志摩スカイラインが通っているので運転免許を持っていたら簡単に山頂や金剛證寺に行くことができます。
しかし、参道を通らないとケーブルカー跡など見れないものもたくさんあります。
是非、朝熊山に登ってみてください。
標高も555mなのでそんなに大変ではないですよw
あと、伊勢神宮に参拝した方も是非登ってみてください。
前にも書きましたが、片参りになってしまいますwww
また朝熊山に登ってみたいです。
 

朝熊山に登った part2

part1の続きです。

金剛證寺の仁王門です。
1979年に再建されました。

仁王門の近くにおちんこ地蔵というお地蔵さんがあります。
カオス君、参拝に行って見てはどうですか?

本堂です。
重要文化財です。
写真が下手ですみませんwww

庭園です。
橋を渡りたかったけど、通行禁止でしたwww
金剛證寺奥ノ院にはたくさんの塔婆が立っていますが、写真は撮っていません。
そこには九鬼水軍の九鬼嘉隆の五輪塔もあります。
 
ここから、山頂展望台に行きました。

山頂から見た金剛證寺です。

展望です。
空が曇っていました。
残念。
答志島や神島などが写っています。
しかし、菅島が写ってません…
すごく残念。

伊勢市街です。
やっぱり写りが悪い…
 
ここからまた金剛證寺のほうに戻って行きます。
続きはpart3で書きます。
 

朝熊山に登った part1

突然ですが、こんな言葉を知っていますか?
「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」
その朝熊山に今日登ってきました。

朝熊山にはいくつか参道がありますが、俺が登ったのは朝熊岳道です。
近鉄の朝熊駅に近いです。

参道の入り口近くには綺麗な枝垂れ桜が咲いていました。

しばらく歩いていくと、参道に橋が架かっていて、看板が立っています。
この下には朝熊山ケーブルカーの跡が残っています。
詳しいことが知りたい人は「朝熊山ケーブルカー」でググってくださいw
いつか探索したいなw

お地蔵さんです。
首から上がなくなって、代わりに石が置かれています。

またお地蔵さんです。
このように参道にはお地蔵さんがたくさん置かれています。
 
ここからまた登っていくと、開けた場所に出ます。
そこには昔、とうふ屋という朝熊山唯一の旅館がありました。
今はその跡が残っています。
 
ここから金剛證寺に行きました。
続きはpart2で書きます。
 
 
 

国束山に登り、国束寺へ…

今日、一ヵ月ぶりに国束山に登ってきました。
まぁ、それはいいとして、そのあとに国束寺に行ってきました。
国束山山頂には前にもこのブログで紹介したことがありますが、国束寺の跡が残っています。
しかし、現在の国束寺(ここからは現国束寺と書きます。)は国束山から移転して、戦後に本堂や十一面観音は大阪四天王寺に、残りの建物が度会町平生にある現国束寺に移転しました。
俺はその現国束寺に行ってきました。
まずは玉城の原から国束山に登って行きました。
そして、山頂の国束寺の跡から平生のほうへ歩いていきました。

赤で矢印を付けた道を通ります。
平生参詣道へ入っていくところは木が倒れていて、道がふさがれていますが、無視して通ってください。
すぐに普通の山道になります。
テープが木に巻いてあるのでまず迷うことはない気がします。
平生参詣道はお地蔵さんがたくさんあります。
すべての写真は貼りませんが、いくつか紹介したいので貼ります。




お地蔵さんは見ていて癒されますよね。
たしか、15体位参道には置かれていました。
山頂のほうから一丁、二丁、三丁…と置かれています。
それと、お地蔵さんには天保十五辰年と彫られているので168年位前のものだと思います。
そして、参道を通り、平生に着くわけですが、着いた場所は工事現場で道を作っていました。

こんなところに出てしまいました。
参道はお地蔵さんがある道を通ったので間違えてないとは思いますが、なぜかこんな場所に出てしまいましたw
そして、現国束寺への道を知らないので集落のほうへ歩いて行ったわけですが、集落への道もわからなかったので工事現場の中を突っ切っていきましたwww
そして、集落について、そこから現国束寺を探して、適当に歩いたら現国束寺が見つかりました。

入口です。

境内です。
近所のおじさんらしき人たちが、話をしていました。
そして、参拝した後、また参詣道を登って国束山を登りました。
そして、玉城の原へ降りるのですが、2つ道があります。
前回登った時は道を知らなかったので往復を山コースを使って、谷コースを利用しなかったのですが、今回は道を調べておいたので谷コースを使って下山しました。


谷コースはその名の通り、谷を通る道です。
流れている川は百瀬川です。
とてもきれいな道で、よく整備されていますが、途中からコンクリートの道に代わるのが少し残念です。
皆さんもぜひ登ってみてください。
 
プロフィール

Thunder

Author:Thunder
プラモデル好きの大学生です。

訪問者数
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6612位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
811位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
ブログ開始から何日経った?
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。